プロ野球などのアスリートのマネジメント

かつて、アスリートの方は自分のできる範囲でスポンサーを見つけて、出資をしてもらっていました。

しかし、注目を集めるような競技ではない場合、大会などで輝かしい成績を残したとしても、スポンサーを見つけることが容易ではなく、スポンサー探しはアスリートの悩みの種であったと言えます。そうした現状を受けてか、近年ではアスリートのマネージメントを専門に手がける会社が出てきました。アスリートのマネジメントと言えば、プロ野球やJリーグなどのプロ選手のマネジメントを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実はプロのない競技でのマネジメントの方が活発に行われていると言えます。

プロ競技のないアスリートの方の場合、自分の競技に集中したいとしても食べていく為には仕事をしないといけませんので、練習と仕事を両立することは非常に難しいことであったのは上でも書いた通りです。その現状が打破されたのかと言えばそうではなく、スポンサーとの契約金の一部を支払うことで、アスリートに変わってアスリートマネジメント会社が代行して様々な仕事を行うようになっています。

英語力は当然必要とされますが明確にTOEICで900点などの線引は無いでしょう。

アスリートマネジメントの仕事としては、スポンサーの獲得は勿論ですが、試合へのエントリーや遠征をする時の宿泊施設の手配、取材コントロールなどなど様々な面でアスリートにアドバイスを行って、アスリートのパートナーとして付きあっていくことになります。そのため、アスリートマネジメントの仕事をするには、何かしらの競技経験があった方が良いとされており、実際にプロの業界で活躍した方で引退後にはアスリートマネジメントの仕事に転職した方も少なくないようです。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX