流通業界で商品の仕入れを行うバイヤーの仕事

バイヤーとはbuyerと表記します。このことから解るように、流通業界にて商品の仕入れを行う仕事をするのが、バイヤーです。この商品ならお客さんに沢山買って貰えると、と言うような商品を見極めて、大量に仕入れをして販売する店舗へと並べるのが主な仕事になります。

バイヤーが仕入れをする商品は幅広いものがあります。代表的なところでは、洋服や靴、家具などのセレクトショップで勤務しているようなバイヤーではないでしょうか。他にも、家電、雑貨、食品、宝飾品などなど様々な商品を取り扱いしていますが、基本的には靴の仕入れ専門、洋服専門といったようにある程度のジャンルを決めて仕事をしています。しかし、百貨店や量販店のようなバイヤーですと、幾つも売り場がありますので多ジャンルの商品を買い付けすることが一般的です。

バイヤーの仕事をするには、売れそうな商品を見極めると言ったことが何よりも大切だと言えるでしょう。仕入れをすることになる商品に対しての幅広い知識だけではなく、マーケティングを分析する力、流行の情報を敏感にキャッチする力などが必要になります。商品を仕入れる時には、生産者のもとに商品を見に行くことから始まりますので、出張の多い仕事だと言えます。国内外や大都市などで定期的に行われている各分野の展示会に足を運んだり、生産している工場や現場まで足を運ぶことも少なくありません。自分が良いと思うだけではなく、この品物を販売するとなるとどのくらい売れるだろうかといった予測を立てることも重要で、バイヤーの仕事は仕入れた商品がどのくらい売れたのかで判断されることになります。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX