貿易を開始しようとしている人にアドバイスを行う貿易アドバイザーの仕事と求人

貿易を始めようとしている人にアドバイスをするのが、貿易アドバイザーの仕事です。近年では日本でもビジネスは国際化していると言っても良く、大手の企業だけではなく中小の企業も積極的に海外との取引を進めている時代であると言っても良いでしょう。しかし、中小の企業であるのなら海外の企業と取引をした経験がないというような企業も多く、そうした企業はいざマーケットを海外に広げようとしても実務をするノウハウがありません。そうした時に役立つのが貿易アドバイザーです。

TOEIC 900などのレベルの他、貿易に関する実務や貿易英語も必要です。またそれだけではなく、日本製品の海外マーケティングなど行い、海外企業との取引を希望している企業に対して、的確なコンサルティングを行っていくことがメインの仕事だと言えます。貿易アドバイザーとは、貿易の実務やマーケティングに関する専門家であり、日本全国に480名以上の方が存在しています。

貿易アドバイザーとして活躍する方の多くが、資格の取得を目指しています。貿易アドバイザー資格ですが、受験資格が設定されており、原則として3年以上の貿易実務経験があることが条件となっています。貿易アドバイザー資格の合格率は10%前後と言われていますので、かなりの難関試験であると言っても良いでしょう。ただし、貿易アドバイザーとしての業務を始めることに、資格そのものが必須ではありません。顧客に対しての信用を得ると言う意味では、取得しておくことに越したことはありませんが、資格取得に向けてはきちんとした下準備が必要になってきます。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX