今までの勉強を役立てる事が出来る貿易事務の仕事

日本の経済を担っているという実感がある、やりがいのあるお仕事を探しているなら貿易事務のお仕事はいかがでしょうか。もちろん自分の持っている英語力も存分に活かすことができます。貿易事務のお仕事は、働く会社やメーカー、商社などによっても大きく異なってきますが、かなり幅広く活躍できるため、この仕事の面白さにハマってかなり長い間勤める人が多い、人気業種になっています。

貿易事務の基本的な仕事内容は、輸入、輸出などの貿易に関わるお仕事になります。海外から日本国内に商品を輸入したり、反対に商品を海外に輸出するために必要なさまざまな手続きを行うのです。
貿易には必要な書類や手続きが非常に複雑、かつ多いため、専門家による助けが必要なのです。日本の貿易は貿易事務なしには成り立たないと言っても過言ではないでしょう。

基本的な輸出業務は輸出通関手配、通関するための書類の作成、現地の運送会社の手配、商品を保管するための倉庫の手配などを行います。輸入業務では、輸入通関手配、輸入にかかった税金や消費税を納入すること、商品の納入の管理などを行います。海外の企業や税関などとの柔軟な事務手続きが求められるので、英語でコミュニケーションをする能力はもちろん、書類を作成するのに必要な専門用語を英語で作成する能力も求められます。

派遣社員で携わっている方も多いぐらいでTOEICの点数はあまり見られない傾向があります。実務をする中で覚えてくれればイイといった感覚の職場が多いです。

このお仕事はさまざまな企業で即戦力を求められることが多いのですが、企業によっては初心者でもいちから丁寧にステップアップできるようにバックアップしてくれるところもあります。このような企業を探せば、自分のキャリアをじっくりアップさせることができるので、おすすめです。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX