中古車を仕入れて商談を成立させ海外に輸出する中古車輸出業者

中古車輸出業者の仕事とは、日本の中古車を仕入れて、海外の業者と商談を成立させ、中古車を海外に輸出することです。中古車の輸出業と聞きますと、毎日何台もの車を港まで運んで船で輸出したり、中古車のメンテナンスで油まみれになったりと想像する方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際のところでは海外の業者やユーザーに対して、日本の中古車マーケットから希望している車を探し出して、その車を輸出すると言った仕事だと考えて良いでしょう。TOEICに関して点数を見られる事はあまりなく、実務レベルのコミュニケーション力が必要となります。

日本車は海外でも有名で、壊れにくい、燃費が良いといったことから日本車ユーザーの方は非常に多くいらっしゃいます。特に商用車などは人気が高く、多くの中古車が海外へと輸出されていると言っても良いでしょう。

中古車輸出業の業務範囲は広いので、自分の得意分野を活かして活躍することが出来ます。海外から中古車のオーダーを受けて、仕入れ、輸出をする業羽、中古車の買取を行う業務、オークション業務、などなど様々な業務があります。

中古車輸出業者と言っても、最初は中古車店で修行を積んで、後に独立して自分で営業を行う方も少なくないようです。また、中古車を足がかりにして貿易業務を拡大していくといった方も多く、女性の進出もめざましい分野として知られています。上でも書いたように日本車は海外でも人気の高いブランドとして知られているのですが、特に日本国内生産の自動車の需要が高まっています。欧米各国はそうですが、アジア圏の国々でも日本車は信頼されているブランドですので、これからの需要拡大にも期待することが可能な仕事だと言えます。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX