業務に幅を持たず海外と仕事が出来る英文アシスタントの仕事

最近は海外との取引を行なう企業が増えてきたことから、仕事をするうえで英語が必要とされる職場がどんどん増えています。その中で業務に幅を持たずに自身のスキルアップを目指すことができるとして注目されているのが英文アシスタントの仕事です。

英文アシスタントの仕事の内容は多岐に渡ります。英語の資料やメール文章などを翻訳するのが主な仕事です。他にも外国人の方との通訳や電話応対も必要とされる場合があります。英語の文章を作成したり、資料をまとめるという仕事も要求されるため、ExcelやWordなどを難なく取り扱うことができる事務的なスキルが必要になることもあります。様々なサポート業務をこなす必要があることから、業務の幅が決められていません。その分英語のスキルアップはもちろん、様々な業務をこなすことができると認められるほどキャリアアップを目指すこともできます。

英文アシスタントに求められる英語力は高ければ高いほど良いとされています。色々な場面で英語力が要求されることから、ビジネス上級レベルは身につけていると間違いありません。もちろん英語でのコミュニケーション能力も必要になります。応募条件によってはTOEIC何点以上、資格の有無などが指定されている場合があります。TOEIC 600~900~などと書いてあります。最低でもその条件を満たしていなければ応募することもできないため、ご自身のスキルを確認しておくようにしてください。

英文アシスタントの仕事で実績を重ねるほど、自分自身の実力が確実に身につきますので是非前向きに検討してください。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX