ビジネス英語で商談を行う海外映像コンテンツの販売の仕事

英語を活かせるお仕事として最近注目を浴びているのが、海外映像コンテンツの販売のお仕事です。あまり知られていないお仕事ですが、時代に敏感な人ならばすでに知っているかもしれません。

映像コンテンツとはアニメやテレビ番組などのあらゆる映像のことで、海外映像コンテンツとは海外で制作されたものを指します。例えば、日本ではアメリカで制作されたアメリカのドラマや、韓国のドラマなどが人気があって、テレビでも頻繁に放送されています。このような良質な海外映像コンテンツを集めて、国内で販売するのがこのお仕事です。日本国民の好み、放送される時間帯はもちろん、どのような視聴者に受けるのかなど、さまざまな分野を広くリサーチして、映像コンテンツを探すことになります。

ゆくゆくはこの映像コンテンツに関するお仕事はもっとグローバル化して、世界中が協力し合ってこの仕事に携わる事になるのではないかと言われています。例えば、日本で一番人気のある映像コンテンツは何と言っても、アニメや漫画でしょう。このカルチャーは海を越えて広く世界で愛されています。また日本に輸入する海外映像コンテンツとしては、やはり韓国ドラマやアメリカドラマなどが根強い人気を誇っています。

アジアではフィリピン、香港、バンコクなどではまだまだ韓国ブームが続いていますが、台湾や香港では日本の映像コンテンツが最も人気があると言われています。市場はその時のブームによって、需要が異なってくるので、時代に敏感な目とコンテンツの売買に必要な英語力が求められるお仕事です。

検索すると目安としてTOEIC 800~900で携われるような求人が出ている印象ですね。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX