外資系企業での人事部内アシスタントの仕事

外資系企業は自分の持っている英語スキルを活かすことができる職場として人気が高いですが、その中で人事部内アシスタントの仕事も人気がある仕事として注目されています。人事部内アシスタントの仕事内容は、主に人材を採用するにあたって必要となる業務のサポートを行います。

本社の意向も確認しながら日本での人材を確保するために必要な応募条件を決めたり、人材を募集して面接日を調整したり、合否の連絡を行います。採用にあたっては本社の関係部署や外国人上司とメールや電話などでやり取りを行なうことになりますので、英語力が必須となります。英文で書かれた資料を日本語に翻訳したり、逆に日本語から英語に翻訳することもあります。英語の読み書きはもちろん英会話が堪能でコミュニケーションをうまくとれることも求められる条件となります。

外資系企業の人事部内アシスタントに求められる英語スキルは日常会話はもちろんトラブルに対しても柔軟に対応できるレベルは必要になるとされる場合が多いです。TOEICのスコアとしては大体800点以上を目安にしている場合が多いです。900など高いスコアを獲得していると優遇される傾向がありますが、何よりもコミュニケーション能力が必要とされる仕事となりますので人と接することが苦にならないと思える方が良いと考えられます。

外資系企業においては英語力が堪能であるほど積極的に採用してくれる傾向があります。日本企業とは気質が異なる面も多いので戸惑う場面もあるかと思いますが、頑張れば頑張るほど認めてくれるシステムになっていますので積極的に取り組む姿勢を見せてください。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX