正しい日本語が使えることも必要な翻訳の仕事★TOEIC900点以上必要

翻訳の主な仕事は、外国語で書かれた文章の内容を日本語に訳す仕事になります。そのため、外国語に堪能であることも重要ですが、文書として残す為に正しい日本語が使えることの必要だと言えるでしょう。翻訳の仕事を目指している方ですが、TOEIC900点以上は必須と言っても良いほどに、高いレベルを求められる仕事です。

外国語で書かれた文書と言っても様々なものがあり、小説やノンフィクション出版物などの文芸作品を主に翻訳することになる文芸翻訳、企業や研究者が利用するための文書を翻訳する実務翻訳、海外の映画やドラマなどの映像作品を翻訳する映像翻訳などの分野がありまして、それぞれに求められる技術は異なってくると言えます。同じ翻訳と言う言葉でくくってしまうのが乱暴なくらいに求められる技術は異なっており、文芸翻訳であれば日本語での表現能力が問われますし、実務翻訳であればビジネスや研究内容に関する高度な専門的知識が問われます。映像翻訳なら、元の言葉を映像にあわせて端的に意訳する能力が必要となっており、翻訳家を目指すのであれば先ずはどの分野の仕事を目指すのかをはっきりと決めておくと良いでしょう。

翻訳家そのものは特別な資格が必要となる職業ではありません。しかし、最低限語学力が必要となってきますので、大学など外国語系学部出身の方、帰国子女の方などが就いていることが多いと忌め明日。また、翻訳家になる為の専門学校などもあり、そうしたスクールで専門的な知識を学ぶ方も少なくありません。基本的には、翻訳会社に登録をすることでフリーランスとして働くことになりますが、仕事を始めたばかりの時には英検1級を持っている、TOEICが900点以上である、外国に何年間住んでいたといったような語学力の高さを証明するものがあると有利だと言えます。

TOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX