TOP画像

出版翻訳とは?

翻訳の仕事をめざすかたが憧れを抱く分野が出版ではないでしょうか。出版物に自分自身の名前が記されることから翻訳の分野でも人気となっています。また収入形態も印税という形を取ることができるのも面白いポイントです。

様々な海外の著作物に対して翻訳を行うわけですが版権エージェントからの紹介を経て出版社で吟味、和訳の出版が決定された書籍を翻訳するかたちです。出版社から翻訳者に対して発注が飛んできます。人気と実力がある翻訳者には依頼が殺到している場合があります。

翻訳料が印税として支払われる場合は約6~8%が標準的のようです。本の価格×発行部数×8%となるので、例えば1,000円の本が1万部売れた場合、1,000円×10,000部×8%=800,000円の収入になりますね。本1冊を翻訳するのにかかる時間で割ればだいたいの時給や月収が換算できるでしょう。

この印税方式の他に買取方式といって1件いくらの契約で仕事をするというケースもあります。契約条件次第という事になりますね。

出版翻訳の求人で求められるスキルや資質

お金の話はさておき、翻訳家に求められる資質はどのようなものでしょうか?出版翻訳では海外の純文学や、小説(SF、ホラー、ファンタジー・・etc)などを手がけます。またビジネス書籍、政治経済、哲学といった様々な分野があり、それぞれのテーマに関する知識や調査をする能力が必要になってきます。また原作の表現を適切で素晴らしい日本語に訳す必要があり、稚拙な邦訳では海外で評価を得ている原作が日本では駄作になってしまいます。翻訳者の実力に全てがかかっているとも言えます。

フリーランスが多いこの分野での翻訳家はかなり狭き門です。出版という華やかな業界である反面、1日にこなす量も多く、また1冊訳し終わるまでは無収入です。せっかく販売された書籍も売れ行きが良くなければ報酬も多くありません。

こういった状況でもなお出版翻訳に身を置きたいという方は最初からフリーランスを狙うよりも出版社の翻訳求人を探してみる事をおすすめします。書籍が伝えたいことを汲み取り、それをリサーチし、語彙豊富な日本語の文章力を組み立てられる能力を磨きましょう。または実務翻訳の世界で慣らした方が出版の分野に転職してくるケースもあります。いずれにせよ実力が認められれば定期的に出版社からの依頼も得られるようになります。

このページの先頭へ

基礎代謝量