0歳から12歳までの子供に英語を教える児童英語教師の仕事

児童英語教師の仕事とは、0歳から12歳までの児童に対して英語を教える仕事になります。仕事の対象が子どもとなることから、子ども好きである方に向いている仕事だと言えるでしょう。

近年では、英語の必要性は日本でも上がっていることから、小さな頃から英語に親しませようとするような親御さんも多くいらっしゃいますので、需要が高い仕事です。また、自宅でも英語を教えることが出来ますので、主婦の方であってもしやすい仕事だと言えるでしょう。

最近では主婦の方の労働力が期待されていることもありますので、英語が堪能な方はチャレンジしてみるのをオススメしておきます。0歳から12歳と言うのは、人格の形成においても身体的な成長においても最も大切な時期です。この時期に英語を教えることになると言う重要性をしっかりと認識しておくと良いですね。この頃の子どもは大人が驚くようなスピードで何でも吸収して成長していきますので、いかに実用的な英語を教えていくかはとても大切ですから、児童英語教師の仕事の責任は大きいと言えます。

一般的な児童英語教室としては歌を使ったり、絵を使ったり、ゲームなどをしながら遊びながら英語を教えていくような学習方法が多いようですね。最初は単語の記憶や英語の発音、ヒアリングなどから始まって、英語に親しんでいき、理解が深まるにつれてリーディングやライティングなどにレベルアップしていきます。

児童英語教師の仕事としては、高い英語力が必要なのは勿論ですが、子どもを対象とすることから児童心理学や子どものケアの仕方などもあると良いでしょう。TOEICで900が求められるか?求められません。

何よりも子どもたちから信頼されることが重要となりますので、子どもが好きなだけではなく、子どもに好かれるような人が向いています。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX