販促活動や法的手段を行う専門家の海外エージェント

海外エージェントとはどんな仕事なのかと言いますと、海外の特定の商品を日本で販売するようにしたり、反対に日本で販売されている商品を海外で売り込んだり、それらの販促活動や法的な手段を行うことになる専門家です。中には、特定の文芸作品や写真作品などを扱っている著作権エージェントと呼ばれる人もいます。他にも、作家エージェント、フォトエージェントと呼ばれる人もいますので、取り扱っている商品などによってある程度の呼び名が変わってくると言えます。

海外エージェントになるとしても特別な資格は必要ありません。基本的にはエージェント業を行っている会社に就職することで仕事をしていくことになりますが、実力やコネクション次第では独立をして個人で活躍している方も少なくありません。海外エージェントに必要なスキルとしては、当然ながら高い語学力(TOEIC 900など)を求められます。仕事の場が海外であることがほとんとですから、語学力がなければ文字通り話になりません。

他にも、商品をやり取りすることになるので、交渉能力や折衝能力なども必要となってきますし、長期的に見た場合の経営戦略なども必須となります。何よりも必要なスキルは取り扱っている商品に関する業界の知識でしょう。幅広い取扱商品があると言えますので、強みを作る為にも海外エージェントになるのであればこの分野なら誰にも負けないといった分野を1つを作るようにしておきたいですね。将来的には独立をしたいと考えているのなら、大きな強みになるはずです。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX