世界を相手に商売、海外営業のデスク業務の仕事

英語を活かせる仕事にはたくさんの職種がありますが、メジャーなものだとフライトアテンダントや商社マン、英語教師などがあげられるでしょう。でも世の中には私たちが知らないお仕事もまだまだたくさんあるのです。その中の一つに海外営業のデスクのお仕事があります。

海外営業とは、日本から自社の製品を海外の企業でしたりお客様等へ向けてアピールすると言った内容のセールス活動を行うことです。日本でも営業は会社の花形として活躍していますが、その海外版であると考えたら意外とシンプルです。外国から製品を作るための材料を購入したりする輸入の分野とは違うので注意が必要です。

海外営業のお仕事を志しているなら、世界中を旅できるという何とも素敵なメリットがあります。インターネットが発達しているため、海外の情報を得るのは難しいことではないのですが、だからこそその情報の信ぴょう性を自分できちんと把握することが必要になります。現地に赴き、人とコミュニケーションを取り、現地の環境やブーム、文化などを知った上で、きちんとした売れる戦略を練ることができるようになるのです。海外が相手であるということは、日本での当たり前のことが通じないということでもあります。特に時間や、納期に関する考え方は、アジアなどではかなりゆるいところもあります。それをきちんと乗り越えた営業マンは今後も更に飛躍することができます。

TOEIC 900はひとつの実績としてアピールできますが、英語でのコミュニケーションもただのビジネスだけではなく、ユーモアや相手の心をつかむいわゆるセールストークの技術の高さが求められます。大変やりがいのあるお仕事なので、興味がある人はチャレンジしてみてはどうでしょう。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX