目的の海外取材地での必要な手配や通訳を行う海外コーディネーター

海外コーディネーターとは、主にマスコミ分野の人に対して、目的となる海外の取材地で必要な手配や通訳を行うことになる仕事です。テレビ番組でのロケや取材、レポート、各種雑誌の撮影などで海外を利用する時に活躍する仕事だと言えます。

海外コーディネーターに求められるスキルとしては、基本的に現地に詳しいことです。英語を初めとする現地での語学力は当然のことなのですが、取材や撮影にきたディレクターの要望にあわせて、現地の撮影場所の情報を提供し、必要であれば予約などの手配を行うことがメインの仕事となりますので、幅広い情報が必要だと言えるでしょう。特に現地での最新情報を収集することは必要なスキルです。いま現地ではこんなことが流行っている、こんな食べ物が人気だ、若いカップルはこんな場所でデートをしている、人気のあるお店やホテルを把握しておくなどは基本だと言っても良いでしょう。
撮影ではどんな要望が出るのか解りませんので、幅広いサポートをする為にも1つでも多くの情報を頭の中に入れておく必要があります。

一般的に海外コーディネーターの仕事をしている方は、海外コーディネーター専門で仕事をしていると言うような方は少ないようです。現地でのライターの仕事をしていたり、現地ガイドなどを行っている方が副業として携わっていることが多いとされています。ただし、まったく就職口がないと言う訳ではなく、海外コーディネーターの登録を行っている専門の会社に就職したり、各国にある日本大使館などに就職するような方もいらっしゃるようです。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX