外資系企業における外国人役員付けの国際秘書の仕事と求人

国際秘書とは、外資系の企業などにおける外国人役員につく秘書のことを指す仕事です。国際秘書の仕事のほぼすべては英語か若しくはその外資系企業の本社のある言語で行うことになりますので、非常に高度なレベルでの語学力を要求されることになります。加えて、担当となる役員のスケジュール管理、調整、資料のファイリング、顧客管理、出張の手配などなど通常の秘書業務を行っていくことになりますので、こちらでも高いレベルを要求されると言っても良いでしょう。

担当する役員が会議に出席する場合は、同行して通訳を行ったり、会議の資料を翻訳するなどのこともあるので、翻訳に関しての技術も問われることになると言えます。常に担当役員が効率良く仕事をすることが出来るように気配りをしてくことが重要となりますし、ほぼ海外での仕事になりますので日本人としての常識が通用しないといった場合が多くなります。つまり、勤務することになる国の文化や常識、社会通念などをしっかりと理解しておく必要があると言えます。

他にも事務処理ではパソコンを使うことになりますので、パソコンのスキルもそれなりに求められることなるでしょう。社会的なマナー、社内外での人々のコミュニケーション能力など必要なスキルはとても多い仕事だと言えます。求人の要件としてTOEIC 900など高いレベルが必要とされる事もあります。

国際秘書の年収としては500万円前後であることが多いです。国際秘書として活躍する為に特に資格などは必要ありませんが、CBSと呼ばれる国際秘書検定試験を取得していると有利でしょう。他にもビジネスマナーや社交性があることは必須となります。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX