医療系財団でのメディカルライティングの仕事

英語スキルが高い方におすすめなのが、医療系財団でのメディカルライティングの仕事です。

メディカルライティングは医学や薬学などの論文の雑誌や学会誌の編集や校正、執筆者との打ち合わせなど医療に関わる書類の作成、編集などを行なう仕事です。英語で書かれている論文を翻訳するなどの業務が主となりますが、英語スキルが高くなければ専門用語も多数登場するのでかなり難しいと仕事になると思われます。

TOEICスコアの目安は800点以上や900を目安に獲得していることなどが指定される場合があります。事務作業も必要となることからExcelやWordを難なく操作することができることも必要な条件として指定されている場合が多いです。これまでにメディカルライティングを行った経験がある方は積極的に採用される傾向があります。メディカルライティングの経験がない方でも、薬剤師経験がある方、臨床試験の経験がある方、英語の文章作成能力が堪能な方などに該当する方は未経験者歓迎として採用される場合もあります。

医療系財団でのメディカルライティングの仕事は英語力の他にも専門知識があることが必要とされる仕事になりますが、一番大切なのは仕事に対する意欲が高いことです。医学の発展に貢献することができる非常に重要な仕事であることを認識したうえで仕事に取り組む姿勢が重要視されます。メディカルライティングの経験を重ねることでどんどんスキルアップができますので、是非積極的に取り組むようにしてください。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX