ネットワークシステムの運用保守業務 バイリンガル対応

IT関連の仕事の中で必ず必要になるのがネットワークシステムの運用保守業務です。万が一ネットワークシステムにトラブルが発生すると、会社の業務を全てストップさせなければならないという事態に陥ることがあります。早い段階で的確な対応をすることができるスタッフの存在が必須となります。早急にシステムトラブルの復旧をして安定して運用させるためのスキルが求められます。

もちろん技術的なスキルも必要となりますが、日本語だけでなく英語も難なく理解できるバイリンガル対応であることが望ましいとされています。

ネットワークエンジニアで多くのケースでは英語力を必要とされませんが、外資系相手の商売やコンサル系などでは必要になる事もあります。

求人の段階でもTOEIC800点以上、700点以上などと応募条件に記載されている場合があります。TOEIC 900の求人は見たことがありません。

英語力を必要とされる理由としては、システムトラブルを解決するためのマニュアルが英語で記載されている場合がほとんどであるため、英語力が未熟な場合は正しく理解できない可能性が高いからです。また必要に応じて海外のエンジニアなどに電話やメールで問い合わせをする必要があった場合にも英語力が必要とされます。この他にもインターネットで調べる必要も考えられるため検索能力が必要になるとも言われています。

ネットワークシステムの運用保守業務に関わる仕事を募集している会社は英語力は必須ではないとしている場合も考えられますが、確実に英語力がある方の方が優遇される傾向があります。技術的な面ではある程度経験を重ねることが必要になりますが、英語力に関してはあらかじめ持ち合わせていると必ず役に立つことを覚えておきましょう。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX