国内や海外で外国人に日本語を教える日本語教師の仕事と求人

日本国内や海外の現地などで外国人の方に日本語を教えることになるのが、日本語教師の仕事です。職場としては国内外の日本語学校、スクール、家庭教師などが一般的だと言えますが、中には海外の大学や発展途上国などで日本語を教えている方もいらっしゃいます。日本語教師に求められるスキルとしては、高い語学力は勿論のこと、外国人の方に日本語を解りやすく教える指導力やリーダーシップ、コミュニケーション能力などが必要です。さらには、国籍や年齢、生活習慣を初めとして文化や宗教など様々な面で異なる外国人の方が生徒になりますので、1人1人の個性や価値観などを認めるキャパシティーの広さも求められるでしょう。

日本語教師に就くにはどうすれば良いのかと言いますと、教師とはついていても教員資格が必要ではありません。特に必須となる資格があるわけではありませんが、日本語は難しい言語でもあるので、きちんとした日本語を教えるには知識と指導法を身につけておかないといけません。そこで、日本語学校の多くが日本語教師を最小する基準として、日本語教育能力検定試験を合格していること、若しくは、日本語教師養成講座を420時間受けており、修了していることを条件としています。また、大学で日本語教育選考を修了している方も日本語教師として活躍しているそうです。求人情報を見ると英語力としてのTOEICは900など必要とされないケースが見られます。それよりもコミュニケーション力などが求められてるという事ですね。

近年では日本のカルチャーに興味を示している外国人の方も増えてきていることから、日本語教師の需要も高いものがあると言っても良いでしょう。特にアジア圏の途上国などでは日本企業が進出していることもあり、日本語の需要は高まっているので、チャンスも多くある仕事です。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX