海外の日本料理店で働いている日本料理人の仕事

調理師免許を持っていて、和食やお寿司など日本の文化に誇りを持っているあなたなら、この素晴らしい文化を日本人のみならず、海外にも広げたいと思ったことがきっとあるはず。英語力もあるならなおさら、海外で活躍する日本料理人として羽ばたいていくのは素敵な選択です。

ですので、あえてTOEICの点数が云々といった話は不要でしょうね。

海外で日本人料理人として働くとなると、日本料理に関する幅広い知識と技術が必要になります。日本で働く場合は、おそば屋さんはおそばにのみ集中し、お寿司屋さんなら、お寿司にのみ集中することが可能ですが、海外でお店を出す場合はそのすべてが1人の日本人シェフの肩にかかってくることも少なくありません。自分の専門の分野の他にも、幅広く日本料理をマスターしておく必要があるのです。

日本のレストランを自分で出店する場合も、雇われる場合も、数少ない日本人シェフとして料理のみならず、お店のデザイン、接客態度、あいさつ、メニューなども考えなければなりません。
お店のトータルコーディネートなどをしたい人にはぴったりかもしれませんね。

また現地で実際に働くときには、現地のスタッフと一緒に働くことになります。日本の文化を何もしらない現地のスタッフと一緒に働くことは、とても良い刺激になります。今までずっと当たり前だと思っていた日本の文化が、実はちっとも当たり前ではなかったということに気づく事も多いようです。また宗教や政治によって、その人の考え方などが大きく違ってくるので、新しい出会いや文化に接したい人にはとても良い環境です。文化を輸出して、他の文化を輸入するようなエキサイティングな毎日を過ごすことができるでしょう。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX