留学希望者に適した留学プランを提案する留学コーディネーターの仕事

近年、日本でも英語を初めとする外国語の習得を目指す人が増えてきているようですね。外国語の習得には留学をしたいと考えている人も多く、実際に留学をする人も増えてきています。中には、小学生でも留学を希望すると言うような人もおり、必要性がたかまっているのが留学コーディネーターの仕事です。

留学コーディネーターの仕事とは、留学を希望する人たちに対して、それぞれに適した留学プランを提案する仕事になります。留学をする人が増えていると言っても、まだまだ身近なことではありませんので、留学に関する知識が乏しい人も多いです。留学を決意したとしても、どのような方法で留学をすればよいのか解らない、と言うような方も少なくありません。留学コーディネーターはこうした方の質問や相談に答えて、目的によって適切な留学のコースを考えて、総合的な留学プランを提案していくことになります。具体的には、留学をすることになる国をどこにするのか本人の希望とあわせながら考えたり、留学をする期間や費用、語学力のレベルなど様々な要素を検討しながら、相談者に相応しいプランを提案していきます。

留学コーディネーターに必要な資格と言うのはありません。しかし、民間資格である海外留学アドバイザーや国家資格となる総合旅行業務取扱管理者などの資格があると有利に働きます。基本的に語学力だけではなく、留学先となる国の政治情勢や受け入れ先の留学生の条件、宿泊先など多くの面でプランを練ることなるので、公的な旅程管理主任者などの資格もあれば重宝されると言えます。求人を探すには直接事業者に面接の依頼を出すか求人情報が出ているかチェック、あるいは転職サイト経由でメールが来るのを待つスタイルです。TOEICのレベルとして900を要求されない事が多いでしょう。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX