英語力必須のSE補助ヘルプデスクの仕事

ITエンジニアの仕事は英語力が必須と考える会社が増えている傾向があります。実際に求人情報を確認してみても上級もしくは中級以上の英語力を持つ人材を求めているケースが多く見受けられます。その中でもSEやヘルプデスクの仕事も英語力が必須の条件として求人情報を出す企業がたくさんあります。

SE補助ヘルプデスクの仕事内容としては、SEの補助業務を行なうことになります。クライアントから寄せられた問い合わせ対応や伝票類の整理、文書の作成などを行います。英語力が求められる理由としては、英語の文書を取り扱う可能性があることや電話やメールでの応対時に英語を使う必要性があることも考えられます。SEからの支持でインターネットから検索する際に英語圏のサイト内容を確認する必要があることも考えられます。こういったシーンで英語を全く理解できなければSE補助として全く使いものにならないという烙印を押されてしまうことになりかねません。必ずしも英語力が必要な会社ばかりではありませんが、グローバルに事業を展開している企業であれば英語力は必須として更にビジネス上級レベルであることも条件になる場合があります。TOIEC 800や900は多すぎる位じゅうぶんだと思います。

SE補助ヘルプデスクに限らずSEが自ら英語対応をする場合も多くあります。IT関連会社に勤務する場合は英語を難なく理解できるスキルを持っている人は重宝される傾向があります。しっかりSEをサポートすることができる能力を持っていることは必要なことですが、英語のスキルに関しても持っていた方が確実に有利となりますので早めに準備しておくようにしましょう。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX