外資製薬会社での英語使用の法務の仕事

英語力が堪能で、法律事務所での勤務経験が3年以上という方におすすめなのが、外資製薬会社での英語使用の法務に関わる仕事です。法律事務所でパラリーガル経験者の方は特に外資系企業に転職をする際に優遇される傾向があります。実務経験がある方は即戦力としてすぐに働いてもらうことができますので、企業としても積極的に採用したいと考えています。更に外資系企業ということからも英語力は必須のスキルとなります。

外資製薬会社での英語使用の法務で行なう仕事の内容としては、英語を使用した契約書などの法務関係文書の作成やチェック、社内文書の翻訳などがあります。更に英語を使った交渉を行なう場合も想定されます。秘書的な業務を担う場合もありますので、幅広い仕事に対して柔軟に対処することができる能力が求められます。必要とされる英語力については、具体的にTOEIC800点以上~900などのスコアが指定されている場合もあります。どんなに英語力に自信があってもその能力を示すことができるTOEICのスコアは判断の目安になりますので、機会をみてテストにチャレンジしておきましょう。他にも文書などを作成するためにExcelやWordなどのOfficeソフトを使いこなせる能力が求められる場合もあります。法律事務所での勤務経験が前提となっている場合はその事実を必ず職務履歴に記載するようにしてください。

外資製薬会社での英語使用の法務の仕事は待遇面も良いことから、非常に人気の高い仕事になっています。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX