海外からのお客様とも対応する大手証券会社の仕事

自分が持っている英語力を十分に発揮することができる仕事として人気が高いのが大手証券会社での仕事です。大手証券会社で英語力を活かせる仕事の内容は主に海外のお客様と対応する場合です。
証券会社の顧客は日本人だけが相手とは限りません。外国人機関投資家に対しても適切な対応を行わなくてはいけません。

例えば海外の機関投資家向けの書類や資料を翻訳する必要があります。お問い合わせに対しても英語で対応することが必要になるので、英語の読解力、会話能力が求められることになります。
また、証券取引の中で外国株や債権を取り扱うこともあります。これらの業務に付随する文書の作成やメール・電話での応対も必要になりますので英語力が必須になります。

大手証券会社で必要とされる英語のスキルレベルについては、具体的にTOEIC800点以上などと指定されている場合があります。TOEIC 900あれば求人を探すのに苦労は無いでしょう。

英語での読み書き、会話を難なくこなすことができるレベルが求められる場合もありますので、応募条件に書かれている内容をしっかり確認するようにしてください。

その他にも文書作成スキルとしてExcelやWordなどのソフトを使うことができる、コミュニケーション能力がある、証券会社の仕事に対して意欲があるなどの条件が求められる場合もあります。場合によっては経験者を求めている場合がありますが、未経験者歓迎として初めてこの仕事に携わる方でも問題ないとしている場合もあります。

大手証券会社での経験を積むことでスキルアップができ、将来の自分にとって大切な経験となります。

TOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX