観光地の案内をするツアーコンダクターの仕事

ツアーコンダクターとは、パック旅行や団体旅行などのツアーに同行することで、旅行をしているお客さんたちを纏めていく仕事だと言えます。

お客さんたちが快適で、安全に旅行をすることが出来るように様々な手配を行っていきます。他にも観光地の案内をしたり、チケットの手配、トラブルがあったの時の対応など幅広い仕事内容です。

旅行先となる現地の言葉や文化、観光地に関する情報などを頭に入れておく必要があります。特に海外へのツアーに同行する場合は、通訳的な仕事をすることも多くなりますので、語学力としても高いレベルが要求されるでしょう。ツアー旅行中は、様々なことに対応することになりますので、事前準備などもしっかりしておく必要があります。

ツアーコンダクターとして勤務するのであれば、基本的には旅行会社に就職をするか、ツアーコンダクター専門の派遣会社に登録をするかになります。大手の旅行会社であるのなら、学歴が考慮されることも多いのですが、基本的にはあまり学歴が問われる仕事ではありません。実際には観光系の専門学校などを卒業した方が就いていることが多い仕事だと言えます。TOEICはあればよいですが、入社時に求められるレベルは高くありません。

ツアーコンダクターとして働くのであれば、総合旅行業務取扱管理者、国内旅行業務取扱管理者、などのような資格が必要です。これらの資格は実際に就職をしてから取得することが一般的となりますので、先ずは就職することを考えておきましょう。ツアーコンダクターの平均年収としてはおよそ400万円程度だとされていますが、英会話などのスキルを持っていることでさらに年収がアップしやすくなります。

既にTOEICで900~700ある方ならよほど好きな仕事でなければ他にも道が開けていると思いますけどね。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX