語学のスペシャリスト通訳の仕事★TOEIC900点以上必要

英語を使った仕事として、先ずイメージをするのが通訳の仕事ではないでしょうか?

語学のスペシャリストである通訳の仕事とは、異なる2つ以上の国の言語を習得していることが前提となるだけに、高いレベルを求められる仕事だと言えます。状況に応じて、英語を日本語に翻訳する仕事になりますので、ただ直訳をすれば良いと言うものでもありません。言葉のニュアンスをうまく翻訳する必要があるので、英語だけではなく日本語にも堪能でなくてはならないでしょう。近年では日本でも英語を標準語にすると言う企業が増えているようなこともあり、様々な場所での需要は高まっていると言えます。英語の実力としてはTOEICが有名ですが、TOEICで900点以上が通訳を目指すレベルにあると言えます。

通訳の仕事は大きく分けると3つの仕事があります。1つは同時通訳と呼ばれるものです。話し相手の言葉を聞いて、同時に翻訳する仕事のことを指します。通訳と言えば、この同時通訳のことを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。例えば、外国のニュースを同時通訳して内容を伝えたり、国際的な会議の場で通訳をすることが主な仕事だと言っても良いでしょう。話者の言葉をその場で聞き取って、言いたいことをしっかりと理解して、それを解りやすく受けて側に伝えることが重要です。英語、日本語ともに高いレベルが要求されるもので、通訳の仕事の中でも非常に難易度が高いものだと言えます。

他の通訳仕事としては逐次通訳とウィスパリングと言う仕事があります。逐次通訳という仕事は同時通訳の通訳の方法とは異なっており、話者が通訳しやすいように言葉を区切って話をし、通訳する側はそれをノートなどにまとめた後、通訳をするといった仕事になり、高い正確性を求められる仕事です。ウィスパリングとは、同時通訳とほぼ同じ仕事内容になりますが、通訳者は聞き手となる方の傍に立って、耳元で囁くような程度の声で同時通訳をしていきます。

TOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX