観光や商用で日本を訪れる外国人に名所旧跡を案内する通訳ガイドの仕事と求人

観光や商用などの理由で日本に訪れる外国人の方たちに対して、日本の観光地である名所旧跡などを案内する仕事が通訳ガイドです。他にも、旅行中のサポートをしたり、日本の文化などを案内する仕事でもあります。基本的に外国人の方を相手にしてガイドをすることになりますので、英語を中心にして外国語に関するスキルは必須となります。必要なスキルとしては、外国人の方が興味を持ちそうな日本の歴史や経済、文化、などについても必要ですね。

また、外国人観光客が滞在をしている期間中に忘れ物をした場合、病気や怪我をしてしまった場合、迷子になってしまった場合なども対応してサポートしていくので、幅広い業務内容となります。近年では、富士山が世界遺産に登録されたこと、東京でのオリンピックの開催が決まったことなどもあり、今後は需要が高まる仕事だと目されています。

通訳ガイドになるのなら、通訳案内士と言う国家資格が必要となります。通訳案内士の資格そのものには学歴などの受験資格はありませんので、誰でも受験をすることが出来ます。過去には14歳の合格者もいますが、資格試験そのものは外国語のスキル以外にも、日本の歴史や地理、文化、産業などについての幅広い知識が求められるので、難関資格の1つだと言えます。通訳案内士の資格を取得することで、旅行代理店や日本観光通訳協会などに登録をして、仕事をしていくことが一般的です。旅行代理店にそのまま就職する方もいますが、基本的にはフリーランスとして働く方が多いようですね。

会社に従業員として働く場合は求人情報をリサーチしていきます。TOEICで900あれば十分で、そこまで求められない事も少なくありません。

TOPに戻る

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX