海外取引先とのやり取りをする輸入商社

日本だけではなく、世界中を見ながら、自分の視野を広げたいと願っている人にぴったりのお仕事が輸入商社でのお仕事です。輸出や輸入に関わるお仕事にはさまざまな分野があり、そのうちのひとつに貿易事務がありますが、輸入商社でのお仕事とそんなに違いはありません。

基本的に取引はいつも海外との取引になるので、英語力が必須となります。単なる日常英会話だけではなく、ビジネス英語を柔軟に使いこなす能力、あやまりなどが合った時に、その国の文化に合わせて適切に対処することなどの能力が求められます。英語力に定評がある人、それを十分に活かしたいと願っている人にとっては、とても良いお仕事になるでしょう。

職場環境にもよりますし職種でも異なります。事務系であればTOEICはそこまで求められませんが営業等になると英語が出来る人が当然多いです。TOEIC 900あれば問題ないと思われますが、専門用語は改めて学習する必要があるでしょう。

輸入商社でのお仕事は主に4つあります。注文書の発行、納期の確認、在庫の問い合わせ、そして価格の問い合わせです。現在、輸入商社で働いている人の多くは、納期の確認のお仕事が一番気を使うと述べています。実は輸入という作業は、単に海外の企業が商品を日本に送ってくれるわけではなく、そのプロセスには非常に多くの業者が関わっているのです。

商品を製造する工場、倉庫、通関、運送会社などとのコミュニケーションがうまくいかないと、最終的な納期に間に合わなくなってしまう可能性があります。ここで活かされるのが、あなたが持っているコミュニケーション力なのです。海外との時差を計算して、業務を行い、すべてがうまくいったときの達成感は何にも代え難いものでしょう。輸入商社のお仕事をして、自分のキャリアアップ、そして更なるコミュニケーション能力のアップにつなげてみませんか。

TOPに戻る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FX